腰痛を悪化させない、医療用に開発されたマットレスを使う


睡眠は人間にとってとても大切なものです。誰でも欠かすことができないし、睡眠時間や睡眠の質が毎日の活力や疲れを左右し、健康にも影響するといわれています。でも実は、ただ決まった時間に寝て十分な睡眠時間をとっていても、マットレスが自分に合っていないと、腰痛や肩こりを引き起こす原因になったりもします。


もともと腰痛を患っている人は、寝具選びにはとくに注意が必要です。最近では高反発や低反発マットレスといった、それぞれの異なる特徴や機能をもった、様々なマットレスが出てきていますが、腰痛もちの人は購入するのも慎重になりますよね。


そういった人におすすめしたいのは、医療用のマットレスです。

そんなものがあるのか、と驚く人もいるかもしれませんが、実は家庭でも医療用マットレスを使うことができるのです。医療用に開発されているマットレスだから、睡眠中に体の不調を助長させるということはありません。柔らかくてふわふわすぎると、体がどんどん沈んでしまい寝返りをうつときに無駄に筋肉を使うことになります。反対に硬すぎるフローリングの上などでは、翌朝には確実に体が痛くなります。程よい硬さがあるマットレスが体をしっかりサポートしてくれるのです。もちろん、医療用に開発されたものは、中の構造にもこだわっているものが多く、体重や寝相、寝返りといった就寝中に自然と起こるからだの変化にも対応してくれるようになっています。


寝具の重要性を知らずに、自分では気づかないうちに体が悲鳴を上げているということも少なくありません。実際に病院で診察をしていると、まさか寝具が原因で腰痛を発生させ、さらには悪化させているとは思いもしなかったという患者さんも多いようです。まずはその原因となる可能性があるということを知ることが大切ですね。なかなか腰痛が治らないという人は、マットレスを見直してみてはいかがでしょうか。今まで悩んでいたのが嘘のように改善が見られるかもしれません。